本日は、今シーズン初のハゼ調査に行ってきました。
チェックしたのは、袖ケ浦、木更津、富津の水路や河口エリア。
IMG_9778
結果的には、どこもまんべんなくハゼが湧いてましたね。 
サイズも結構よくて、場所によっては彼岸ハゼぐらいの良型も連発しました。
IMG_9775
IMG_9797
釣り方はノベザオのミャク釣り、あるいはリール竿でのチョイ投げがよいかと思います。
エサはジャリメかアオイソメ。
チョイ投げの場合、オモリは1〜2号、ハリは袖7号が目安です。
今の時期のハゼは活性が高いので、早めの誘いが効果的です。

南房ではソウダガツオやシイラ、アジ、シロギスなども釣れてますが、お盆の時期はどこも大混雑するんですよね〜。
その点、内房北部に点在するハゼ釣り場はどこもガラガラ。
とくに、木更津の中の島大橋下の護岸は、車横付けできるので手軽に楽しむにはお勧めです。
また、湊川河口は釣り場が広いので、大人数で楽しむならここでしょう。
駐車スペースからは少し歩くのが難点ですが。。

湊川でハゼを釣るときに、ひとつだけ大きなコツがあります。
それは、「つねに新鮮、かつ大きめのエサを使うこと」。
湊川はエサ生物が豊富な釣り場で、ハゼたちも舌が肥えています。
なので、ほかの釣り場ならOKなはずの少しくたびれたエサや千切れたエサには見向きもしません。
ここでは、ジャリメなら元気がいいのを丸ごと一匹、アオイソメなら5〜7センチほどの長さにカットして、贅沢にハリに付けてみてください。
こうすることで、アタリが大きくなってハリ掛かりする確率が格段に高くなりますよ!
 IMG_9803
ハゼは刺身や天ぷら、唐揚げ、マリネなどでメチャクチャ美味しいので、ぜひ楽しんでみてくださいね!
くわしい釣り方は、こちらもどうぞ!