まだまだ暑い日が続きますが、房総の朝晩の気候は秋めいてきました。
この空気感が漂い始める頃にベストシーズンを迎えるのが、「シロギスの渚釣り」です。

通常、シロギスは投げ釣り、あるいはチョイ投げで狙いますが、私の場合はリールを使わないノベ竿(渓流竿など)で楽しむことも多いです。
その魅力はズバリ、シロギスの強烈な引きをダイレクトに楽しめること。
使っているオモリは小さなガン玉だけなので、シロギスも抵抗なく水中を疾走できるようです。
水深わずか50センチほどの波打ちぎわまでやってくるシロギスは食い気満々なので、意外とイージーに釣れることもうれしいですね。
もちろん、初心者の方にもオススメします。

くわしい釣り方は、こちらで解説しています。

 
 房総で楽しむなら、保田や勝山、富浦、館山などの海岸がお勧めですね。
94a7dfb7edb19f5e