10年ほど前にセルフビルドした小屋を、友人の若夫婦に活用してもらうこと5年目・・。
その彼らが南房総へ引っ越すというので、餞別としてこの小屋を丸ごと進呈することにしました。
そう、この小屋は将来的なことを予測して、簡単に移動できるように作ってあったのです。
土台は基礎石に乗せただけで、その土台の四隅に防腐4寸柱を掘っ立てにしてコーチボルトでしっかり緊結。
このボルトを抜けば、ユニックで小屋ごと持ち上げることができます。
ノーメンテなのでかなり古びてしまった小屋ですが、今回の強烈な台風の直撃でもビクともしなかったそうです。
独立基礎で風通しがよかったせいか、土台や根太などの腐れもゼロ。
小屋を下から見上げる機会はなかなかありませんが、土台まわりが建築当時のきれいなままで安心しました。

実際の移築作業では少々スリリングな場面があったものの、何とかユニックで小屋を吊り上げて新たな開拓地への設置も無事に終了。
作業の途中で思ったのですが、このままユニックに積みっぱなしにすればモバイルハウス的にも使えましたね(笑)

71189649_2363758417054149_1778738221484605440_n
71406599_2363758360387488_7155830683854700544_n
71252660_2363758387054152_6256545608169947136_o
71149528_2363790023717655_4755170993066999808_o