スクリーンショット 2020-06-25 12.13.03

真夏のような週末の房総半島でしたが、
この時期恒例の「イワシすくい」に行ってきました!
相棒は、私の釣りの愛弟子であるマキちゃん。

この季節に捕れるのは「カタクチイワシ」。
このイワシは産卵期が春〜秋と長いのですが、房総周辺では梅雨時に産卵のピークを迎えるようです。
そして、そのイワシを狙ってイナダやタチウオ、スズキなども回遊してきます。
大型魚に追われたイワシたちは小磯の入り江などに身を隠すわけですが、大潮の干潮時になると潮だまりに取り残されてしまうことがたびたびあるのです。
こんな時こそ楽しめるのが、イワシすくいというわけですね!
 
使う道具は、小さなタモ網だけ。
イワシを持ち帰るなら、クーラーボックスもあるといいでしょう。
あと、滑りにくいマリンシューズも必須ですね。

イワシすくいのコツは、できるだけ静かに網を入れてイワシを驚かせないこと。
金魚すくいが上手な人と同じですね。
実際の模様は、こちらの動画をどうぞ!!