今日は、久し振りに奥様と釣り。
手軽に楽しめるアジを狙ってみました。
もちろん、竿はノベ竿です(笑)

手軽といっても、やっぱりウキ釣りにはそれなりのコツがあります。
まず、一番大切なのが「ウキ下の調整」。
アジは基本的に底層を泳いでいますが、時間帯によって想像以上に泳層を変える魚でもあります。
そしてウキ釣りの場合は、サビキ仕掛けと違ってハリが一本だけなので、アジの泳層と付けエサのタナをつねに同調させることが重要になります。
なので、少しでもアタリが遠のいたらマメにウキ下の長さを調整してみることが、釣り続けるコツになるわけですね。

ちなみに、ウキを外してミャク釣りのようにすれば、理論上は狙いのタナを自由自在に探れるはずですが、実際に試してみるとなかなかエサを食ってこないことが多くなります。
釣れなくはないのですが、再びウキ釣りで同じタナを探ってみると入れ食いになるので、ウキが波で上下動するなどしてエサの挙動が変わってくるのが理由なのかも知れません。
面倒なようでも、マメにウキ下を変える人には敵いません。


そして、もうひとつ大切なのが「誘い」。
ルアーでアジを狙う人にとっては常識的なことですが、アジは上からゆっくり落ちてくるエサに好反応を示します。
したがって、エサ釣りの場合もその動きを演出してあげることで、より明確なアタリが出やすくなります。
方法は簡単で、竿先でミチイトを少しだけ引き、ウキを10センチ前後動かしてあげるだけ。
これによって付けエサがふわりと浮上し、ウキが再び水面になじむときにゆっくり沈下します。
このタイミングでアジが食ってくることが多いので、なじみ後のアタリに集中すればOKです。

そしてさらに、最近私が試しているのが、アジのミンチを使った寄せエサ(コマセ)です。
私の本では、ノベ竿のウキ釣りではアミコマセを大量の海水を薄めた「水コマセ」を推奨していますが、メジナやウミタナゴなどの中層魚にはこれが効きます。
ところが、アジのような底層を泳ぐ魚、とくに水深2m以上の深場を泳いでいる状況では、水コマセは使いにくくなります。
そんなときには、アジ用かグレ用などの配合エサをアミコマセに混ぜると、底層までコマセ効果が効きやすくなります。
でも、配合エサを買うと、結構な値段がするんですよね〜。
そこで私が使っているのが、以前釣ったアジのアラ(頭やエラ、内臓など)をフードプロセッサーでミンチにしてコマセとして使うワザです。
IMG_6714
IMG_6728
このミンチに、つなぎとしてパン粉と糠を混ぜるとより使いやすくなります。


ついでに、付けエサのマメなチェックも大切です。
オキアミの頭というか目玉がハリから取れてしまうと極端に食いが悪くなるので、つねに頭が付いているかどうか確認しましょう。
ちなみに、付けエサに赤タンを使うと爆発的に釣れることがあるので、予備エサとして持参するのもいいでしょう。


これら諸々のワザを繰り出して、奥様もアジを爆釣でした!!!
IMG_6491
IMG_6574IMG_6504